少し崩してみよう 行書 百[hyaku] Kanji semi-cursive

今回は、行書の「百」です。

こんかいは、ぎょうしょの「百(ひゃく)」です。

This time is 百(hyaku) in semi-cursive script.

100万、百万 [ひゃくまん hyaku man] = one million

100億、百億 [ひゃくおく hyaku oku] = ten billion

100兆、百兆 [ひゃくちょう hyaku chou] = one hundred trillion

100円、百円 [ひゃくえん hyaku en] = 100 yen

500円、五百円 [ごひゃくえん go hyaku en] = 500 yen

100円ショップ、百円ショップ [ひゃくえんショップ hyaku en shoppu]
= 100均、百均 [ひゃっきん hyakkin]
= 100-yen shop

デパート [de pa ー to] / 百貨店 [ひゃっかてん hyakka ten] = department store

100才、百才、100歳、百歳 [ひゃくさい hyaku sai] = one hundred years old

百分率 [ひゃくぶんりつ hyaku bun ritsu] = percentage

小倉百人一首 [おぐら ひゃくにん いっしゅ o gura hyaku nin isshu] = Japanese ancient anthology of 100 poems(短歌 たんか tanka) by 100 different poets

※この100首の短歌を選んだのは、平安・鎌倉時代の歌人で藤原定家という人です。京都の小倉山の山荘で選んだので、小倉百人一首の名前がついています。

この100しゅのたんかをえらんだのは、へいあん・かまくらじだいのかじんでふじわらのていかというひとです。きょうとのおぐらやまのさんそうでえらんだので、おぐらひゃくにんいっしゅのなまえがついています。

The compiler of these 100 poems(tanka) is Fujiwara no Teika(1162–1241), Japanese poet in Heian and Kamakura periods. He selected them at a mountain villa in Mount Ogura, Kyoto, so the name became Ogura Hyakunin Isshu.

マンガ『ちはやふる』でご存知の方も多いと思いますが、この小倉百人一首は「かるた」としてもとても有名で、競技かるたの大会が毎年開催されています。

マンガ『ちはやふる』でごぞんじのかたもおおいとおもいますが、このおぐらひゃくにんいっしゅは「かるた」としてもとてもゆうめいで、きょうぎかるたのたいかいがまいとしかいさいされています。

As many of you may know from Japanese manga “Chihayafuru(ちはやふる)”, this Ogura Hyakunin Isshu is also very popular as a traditional card game “karuta” and the competitions – competitive karuta or kyogi karuta – are held every year.

Karuta Demonstration

 

スポンサーリンク


 

書き順(かきじゅん)

Stroke order

1.

2.

3.

4.

5. 完成(かんせい) Finish

 

HOME   INDEX

 

スポンサーリンク