数字11~20の日本語/英語+北斎 Numeral in Japanese / English + Hokusai

前回から、日本語の数字を紹介しています。

ぜんかいから、にほんごのすうじをしょうかいしています。

From the last time, I’m introducing Japanese numeral.

 

今回は、11から20までです。

こんかいは、じゅういちからにじゅうまでです。

This time is from 11 to 20.

 

数字(すうじ) / 漢数字(かんすうじ) [発音(はつおん)]

numeral / Chinese numeral [pronunciation]

11 / 十一 [じゅういち juu ichi]

= eleven

 

12 / 十二 [じゅうに juu ni]

= twelve

 

13 / 十三 [じゅうさん juu san]

= thirteen

 

14 / 十四 [じゅうよん juu yon] [じゅうし juu shi]

= fourteen

 

15 / 十五 [じゅうご juu go]

= fifteen

 

16 / 十六 [じゅうろく juu roku]

= sixteen

 

17 / 十七 [じゅうしち juu shichi] [じゅうなな juu nana]

= seventeen

 

18 / 十八 [じゅうはち juu hachi]

= eighteen

 

19 / 十九 [じゅうきゅう juu kyuu] [じゅうく juu ku]

= nineteen

 

20 / 二十 [にじゅう ni juu]

= twenty

 

スポンサーリンク


 

数 [かず kazu] = number

数字 [すうじ suu ji] = numeral (1, 2, 3, etc)

漢数字 [かんすうじ kan suu ji] = Chinese numeral (一, 二, 三, etc)

 

日本では、数字と漢数字の両方をよく使います。

にほんでは、すうじとかんすうじのりょうほうをよくつかいます。

In Japan, both numerals(1, 2, 3, etc) and Chinese numerals(一, 二, 三, etc) are often used.

 

絶対にというわけではありませんが、一般的に横書きの時は数字を使い、縦書きの時に漢数字を使うことが多いです。

ぜったいにというわけではありませんが、いっぱんてきによこがきのときはすうじをつかい、たてがきのときにかんすうじをつかうことがおおいです。

Generally you use numerals(1, 2, 3, etc) when you write horizontally, while Chinese numerals(一, 二, 三, etc) are often used when writing vertically, it is not absolutely though.

 

“凱風快晴(がいふうかいせい Gai fuu kai sei)” or “赤富士(あかふじ Aka Fu ji)”

in “富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい Fugaku sanjuu rokkei)

painted by 葛飾北斎(かつしかほくさい Katsu shika Hoku sai 1760 – 1849), globally famous Japanese ukiyo-e painter

 

公開日/post 2016.03.04

更新日/update 2019.11.08

 

HOME   INDEX

 

スポンサーリンク