少し崩してみよう 行書 鳥[chou] Kanji semi-cursive

今回は、行書の「鳥」です。

こんかいは、ぎょうしょの「鳥(ちょう)」です。

This time is 「鳥(chou)」 in semi-cursive script.

渡り鳥 [わたりどり wata ri dori] = migratory bird

千鳥足 [ちどりあし chi dori ashi] = drunk walking

閑古鳥が鳴く [かんこどりがなく kan ko dori ga na ku] = to have no customers

鳥の鳴き声 [とりのなきごえ tori no na ki goe] = bird call

鳥肌が立つ [とりはだがたつ tori hada ga ta tsu] = to get goosebumps

鳥居 [とりい tori i] = Shinto shrine’s gate

鳥獣人物戯画 [ちょうじゅう じんぶつ ぎが chou juu jin butsu gi ga] = Japanese famous picture scroll painted in 12th-13th century (The painters are not known exactly.)

『鳥獣人物戯画』 蛙と兎の相撲の場面

ちょうじゅうじんぶつぎが カエルとウサギのすもうのばめん

“鳥獣人物戯画 (chou juu jin butsu gi ga)” Frogs and a rabbit are playing Sumo. 

(source) public domain of Wikimedia Commons

 

スポンサーリンク


 

書き順(かきじゅん)

Stroke order

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8. 完成(かんせい) Finish

 

HOME   INDEX

 

スポンサーリンク