草書にチャレンジ 君[kun] Kanji cursive script 2/2

前回と今回の記事で、草書の「君」を2種類紹介しています。今回はそのPart.2です。

ぜんかいとこんかいのきじで、そうしょの「君(くん)」をにしゅるいしょうかいしています。こんかいはそのパートツーです。

In the previous and this article, I’m introducing 2 types of 君(kun) in cursive script. This time is the Part.2.

草書は日常生活で書くことはなく、書道の作品でのみ使われています。

そうしょはにちじょうせいかつでかくことはなく、しょどうのさくひんでのみつかわれています。

We don’t write cursive script in daily life, it’s used only in calligraphy works. 

 

暴君 [ぼうくん bou kun] = tyrant

名君 [めいくん mei kun] = wise ruler

〇〇君 [くん kun] = form of address (mainly used for a man)

※男性の同僚や、年下の男の人を呼ぶ時は、鈴木君、山田君のように、名前の後に「君」をつけます。「様」や「さん」に比べてカジュアルな言い方で、目上の人やお客様には使いません。

だんせいのどうりょうや、とししたのおとこのひとをよぶときは、すずきくん、やまだくんのように、なまえのあとに「君(くん)」をつけます。「様(さま)」や「さん」にくらべてカジュアルないいかたで、めうえのひとやおきゃくさまにはつかいません。

When we call a male colleague or a younger man, we put 君(kun) after his name, like 鈴木君(suzu ki kun), 山田君(yama da kun). Kun is a more casual expression than 様(sama) or さん(san), you can’t use it to your superiors and customers.

 

スポンサーリンク


 

書き順(かきじゅん)

Stroke order

1.

2. 次の線は、1画で書きます。

つぎのせんは、いっかくでかきます。

Write the next line with one stroke.

2-1.

2-2.

3.

4. 完成(かんせい) Finish

 

公開日/post 2019.07.25

更新日/update 2019.07.28

 

HOME   INDEX

 

スポンサーリンク