(Re-upload)草書にチャレンジ 親[shin] Kanji cursive script 1/2

今回と次回の記事で、草書の「親」の書き方を2種類紹介します。今回はそのPart.1です。

こんかいとじかいのきじで、そうしょの「親(しん)」のかきかたをにしゅるいしょうかいします。こんかいはそのパートワンです。

I introduce 2 ways of writing 親(shin) in cursive script in this and the next article. This time is the Part.1.

草書は日常生活で書くことはなく、 書道の作品でのみ使われています。

そうしょはにちじょうせいかつでかくことはなく、 しょどうのさくひんでのみつかわれています。

We don’t write cursive script in daily life, it’s used only in calligraphy works.

 

親指 [おやゆび oya yubi] = thumb

親指姫 [おやゆびひめ oya yubi hime] = fairy tale “Thumbelina” of Andersen

親知らず [おやしらず oya shi razu] = wisdom tooth

親会社 [おやがいしゃ oya gai sha] = parent company

親方 [おやかた oya kata] = master, foreman

相撲の親方 [すもうのおやかた su mou no oya kata] = stablemaster of Sumo

親の七光り [おやのななひかり oya no nana hika ri] = one’s parents’ coattails

親元を離れる [おやもとをはなれる oya moto o hana reru] = to leave one’s home

親のすねをかじる [おやのすねをかじる oya no sune o kaji ru] = to depend on one’s parents’ support

親馬鹿、親バカ [おやばか oya ba ka] = over-fond parent

 

スポンサーリンク


 

書き順(かきじゅん)

Stroke order

1. この文字は、1画で書きます。

このもじは、いっかくでかきます。

Write this letter with one stroke.

1-1.

1-2.

1-3.

1-4.

1-5.

1-6.

2. 完成(かんせい) Finish

 

HOME   INDEX

 

スポンサーリンク