草書にチャレンジ 台(臺)[dai] Kanji cursive script 2/2

前回と今回の記事で、草書の「台」の書き方を3種類紹介しています。今回はその3つ目です。

ぜんかいとこんかいのきじで、そうしょの「台」のかきかたをさんしゅるいしょうかいしています。こんかいはそのみっつめです。

I’m introducing 3 ways of writing 「台」 in cursive script in the previous and this article. This time is the third one.

草書は日常生活で書くことはなく、 書道の作品でのみ使われています。

そうしょはにちじょうせいかつでかくことはなく、 しょどうのさくひんでのみつかわれています。

Cursive script isn’t written in daily life, it’s used only in calligraphy works.

 

舞台 [ぶたい bu tai] = stage

舞台裏 [ぶたいうら bu tai ura] = backstage

初舞台 [はつぶたい hatsu bu tai] = debut

台本 [だいほん dai hon] = script (of a play)

台詞 [せりふ se ri fu] = words (of a play)

仙台市 [せんだいし sen dai shi] = Sendai city in Miyagi prefecture, Japan

札幌時計台 [さっぽろ とけいだい sapporo to kei dai] = Sapporo Clock Tower in Hokkaido, Japan

お台場 [おだいば o dai ba] = Odaiba district in Tokyo Bay, Japan

 

スポンサーリンク


 

書き順(かきじゅん)

Stroke order

1.

2. 次の線はとても長くて複雑ですが、1画で書きます。

つぎのせんはとてもながくてふくざつですが、いっかくでかきます。

The next line is very long and complicated, but write it with one stroke.

2-1.

2-2.

2-3.

2-4.

2-5.

2-6.

2-7.

3.

4. 完成(かんせい) Finish

 

※この草書は、「台」の旧字体の「臺」が元になっています。

このそうしょは、「台」のきゅうじたいの「臺」がもとになっています。

This cursive script is made from 臺, the old form of 台.

 

HOME   INDEX

 

スポンサーリンク