少し崩してみよう 行書 肉[niku] Kanji semi-cursive 2/2

前回と今回の記事で、行書の「肉」の書き方を2種類紹介しています。今回はそのPart.2です。

ぜんかいとこんかいのきじで、ぎょうしょの「肉(にく)」のかきかたをにしゅるいしょうかいしています。こんかいはそのパートツーです。

In the previous and this article, I’m introducing 2 ways of writing 肉(niku) in semi-cursive script. This time is the Part.2.

 

肉体 [にくたい niku tai] = body

肉体労働 [にくたいろうどう niku tai rou dou] = physical labor

肉体関係 [にくたいかんけい niku tai kan kei] = sexual relationship

筋肉 [きんにく kin niku] = muscle

筋肉痛 [きんにくつう kin niku tsuu] = muscle pain

筋肉質な体 [きんにくしつなからだ kin niku shitsu na karada] = muscular body

肉離れ [にくばなれ niku bana re] = pulled muscle

歯肉炎 [しにくえん shi niku en] = gingivitis (gum disease)

肉眼 [にくがん niku gan] = naked eye

肉声 [にくせい niku sei] = natural voice

 

スポンサーリンク


 

書き順(かきじゅん)

Stroke order

1.

2.

3. 次の線は、1画で書きます。

つぎのせんは、いっかくでかきます。

Write the next line with one stroke.

3-1.

3-2.

3-3.

4. 完成(かんせい) Finish

 

HOME   INDEX

 

スポンサーリンク