少し崩してみよう 行書 肉[niku] Kanji semi-cursive 1/2

今回と次回の記事で、行書の「肉」の書き方を2種類紹介します。今回はそのPart.1です。

こんかいとじかいのきじで、ぎょうしょの「肉(にく)」のかきかたをにしゅるいしょうかいします。こんかいはそのパートワンです。

In this and the next article, I introduce 2 ways of writing 肉(niku) in semi-cursive script. This time is the Part.1.

肉屋 [にくや niku ya] / 精肉店 [せいにくてん sei niku ten] = butcher, meat shop

肉料理 [にくりょうり niku ryou ri] = meat dish

肉汁 [にくじゅう niku juu] = gravy

肉団子 [にくだんご niku dan go] / ミートボール [mi ー to bo ー ru] = meatball

肉まん [にくまん niku ma n] = Chinese steamed meat buns

回鍋肉 [ホイコーロー hoi ko ー ro ー] = Chinese cuisine “twice cooked pork”

青椒肉絲 [チンジャオロース chin jao ro ー su] = Chinese cuisine “green pepper steak”

 

スポンサーリンク


 

書き順(かきじゅん)

Stroke order

1.

2.

3. 次の線は、1画で書きます。

つぎのせんは、いっかくでかきます。

Write the next line with one stroke.

3-1.

3-2.

4.

5. 完成(かんせい) Finish

 

HOME   INDEX

 

スポンサーリンク